上部余白
順造選ジュースこだわりフード健康食品生活雑貨
新商品はこちら
新商品はこちら


 

麦茶の美味しい入れ方

雑味とうまみをよりわけて、うまみだけ出す方法。
そのヒントは、麦茶によく似た飲み物・・・
“コーヒー”にありました!

実はこの2つ、作り方がそっくり。 麦茶もコーヒーも、粒を焙煎します。 また、砕いた麦粒が紙パックの中にある様子は、まるでフィルターの中の挽いたコーヒーのよう。 つまり、おいしいコーヒーの入れ方がわかれば麦茶もウマくなる!

味の決め手は“良いおこげ”だけ出すこと! コーヒーの味とは、豆を焙煎することによってできる“おこげの味”です。 これには、まろやかなうまみの「良いおこげ」と、苦い雑味の「悪いおこげ」の大きく二種類があります。 うまさの決め手は、悪いおこげを出さずに、良いおこげだけを取り出すこと。 その方法とは、お湯を少量かけて粒を膨らませる“蒸らし” という技でした。

これは、おこげたちの“足の速さの違い”を利用しています。 良いおこげは、麦の粒から外に抜ける速さが速いのに対し、悪いおこげはゆっくりなのです。 そこで、粒を膨らませておこげ達が“走る距離”を伸ばせば、良いおこげをより多く水に溶け出させることが可能です。

この技を麦茶にも応用!パックにお湯をかけひたひたにして待つこと1分。
その後普通に水出しすればOKです。良いおこげがたっぷり引き出されるだけでなく、
抽出時間も半分程度に短縮!

香りプラスもコーヒーで!
粒と比べてパックでは香りがおよそ7割も失われるそうです。
粒を砕くときに摩擦熱で香りが飛んだり、その後も空気に触れる面積が広いため香りが逃げやすいんです。

しかし、麦茶と味も香りもそっくりなものを加えることで、失った香りを取り戻す方法を発見しました! それは・・・コーヒー!普段は濃さが違うので気づきませんが、麦茶とコーヒーは味も香りもそっくり。 今回、香りプラスに使ったのはお手軽なインスタントコーヒー! これを、麦茶1リットルにほんのひとつまみ加えるだけで、香りが格段にアップするんです。

(1)パックに湯をかけ1分蒸らす
お湯はパックがひたる程度。中の粒が膨らむのに必要な量だけで結構です。

(2)水1リットルに入れて1時間でOK
濃い目が好きな方は、パックを長めに入れていただいても結構ですが、長くても2時間程度で取り出してください。

(3)インスタントコーヒーをひとつまみ
コーヒーの種類によって味は微妙に異なり、中には麦茶とあわないこともありえます。 入れる量によっても味は変わりますので少量ずつ試して、お好みの量を見つけて下さい。


 

 

レビュー投稿で100ポイントプレゼント!

画像1
アイテムイメージ
画像1

画像1

商品コード:FOD9421
★つぶまる麦茶の増量版★石釜二度煎り はじけた丸大つぶ【国産】 390g(13g×30パック) ☆小川産業☆【麦茶】 たけしのニッポンのミカタ
送料別
販売価格 (税込) 551円
当店ポイント27P進呈
返品についてはこちら>>

この商品のレビュー(最新1件)

すべてのレビューを見る
  • ひさりん さん(大阪府/40代/女性)

    2016-08-29 13:38

    昔ながらの味

    おいしいです。これぞ麦茶っていう味。

    総合評価:       5

口コミでも美味しいと有名な丸いつぶのままの麦で
できた「つぶまる麦茶」
ファンが沢山、順造選でも人気の麦茶です!

2袋、3袋とご購入する方が多く、このおいしい麦茶を
「もっとお得に飲んでいただけないかなぁ~」と・・・

お得用パックできました~♪

商品の名前は変更になりましたが、
「つぶまる麦茶」ご愛飲の方、
一度飲んでみたいと思っていた方

30パック入りの
“はじけた丸大つぶ”がお得です♪


国産の六条大麦を粒を砕かず石釜で
ふっくら二度煎りしてあります。

ゆったりとした三角パックは、一粒一粒が無理なく膨らみ、
麦茶本来の味と香りを抽出してくれます。

しっかりと煮出して飲んでみると澄んだ色、ほんのりした甘さ、
優しい香りと昔ながらの麦茶を楽しめます。

入れ方:やかんに入れた約750ccの水を火にかけ、
パック1つを入れます。沸騰してから弱火で5~6分
煮出してください。パックを入れたままの状態で
30~60分冷まし、パックを取り出してさらに冷蔵庫で
冷やしてください。

・内容量:13g×30パック
・保存方法:高温・多湿を避け、常温保存。
・原材料:六条大麦100%
・原産国:日本
・賞味期限:お届けより90日以上保証
※この商品はラッピング不可です。

「小川産業の麦茶が美味しい!」
と言われる秘密のひとつに石釜があります。
石釜からでる遠赤外線が麦をじ~くり、
それも2度も煎っている事で中まで均等に焙煎
ができるのです。

昔からの変わらぬ伝統的な石釜煎り
便利な時代に流されず、時間はかかるが昔から
の美味しい麦茶を作ります。
石釜で二度も煎り、煎った麦も砕かずに粒のまま
個包装。
個包装もティーバックではなく三角バックタイプ。
ティーバックより、粒が無理なくふくらみ無理なく
抽出が出来るよう考えています。