上部余白
順造選ジュースこだわりフード健康食品生活雑貨
新商品はこちら
新商品はこちら
【重要】G20大阪サミットに伴う交通規制による出荷停止・日時指定不可エリアについて
いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
G20大阪サミット開催に伴う大規模・長時間の交通規制に伴い、
配送業者が荷受停止になる為、以下の期間は出荷停止させていただきます。
また、お届け日時指定不可対象エリアもございます。対象エリアへの日時指定は承れません。
【出荷停止期間】 2019年6月27日(木)〜6月30日(日)

以下のエリアは、6月27日(木)〜7月2日(火)の間、お届け日時指定が承れません。
【日時指定不可対象エリア】 大阪府下、及び兵庫県
G20大阪サミットの影響により、交通規制前後にも配送遅延が生じる可能性がございます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

麦茶

 

麦茶の美味しい入れ方

雑味とうまみをよりわけて、うまみだけ出す方法。
そのヒントは、麦茶によく似た飲み物・・・
“コーヒー”にありました!

実はこの2つ、作り方がそっくり。 麦茶もコーヒーも、粒を焙煎します。 また、砕いた麦粒が紙パックの中にある様子は、まるでフィルターの中の挽いたコーヒーのよう。 つまり、おいしいコーヒーの入れ方がわかれば麦茶もウマくなる!

味の決め手は“良いおこげ”だけ出すこと! コーヒーの味とは、豆を焙煎することによってできる“おこげの味”です。 これには、まろやかなうまみの「良いおこげ」と、苦い雑味の「悪いおこげ」の大きく二種類があります。 うまさの決め手は、悪いおこげを出さずに、良いおこげだけを取り出すこと。 その方法とは、お湯を少量かけて粒を膨らませる“蒸らし” という技でした。

これは、おこげたちの“足の速さの違い”を利用しています。 良いおこげは、麦の粒から外に抜ける速さが速いのに対し、悪いおこげはゆっくりなのです。 そこで、粒を膨らませておこげ達が“走る距離”を伸ばせば、良いおこげをより多く水に溶け出させることが可能です。

この技を麦茶にも応用!パックにお湯をかけひたひたにして待つこと1分。
その後普通に水出しすればOKです。良いおこげがたっぷり引き出されるだけでなく、
抽出時間も半分程度に短縮!

香りプラスもコーヒーで!
粒と比べてパックでは香りがおよそ7割も失われるそうです。
粒を砕くときに摩擦熱で香りが飛んだり、その後も空気に触れる面積が広いため香りが逃げやすいんです。

しかし、麦茶と味も香りもそっくりなものを加えることで、失った香りを取り戻す方法を発見しました! それは・・・コーヒー!普段は濃さが違うので気づきませんが、麦茶とコーヒーは味も香りもそっくり。 今回、香りプラスに使ったのはお手軽なインスタントコーヒー! これを、麦茶1リットルにほんのひとつまみ加えるだけで、香りが格段にアップするんです。

(1)パックに湯をかけ1分蒸らす
お湯はパックがひたる程度。中の粒が膨らむのに必要な量だけで結構です。

(2)水1リットルに入れて1時間でOK
濃い目が好きな方は、パックを長めに入れていただいても結構ですが、長くても2時間程度で取り出してください。

(3)インスタントコーヒーをひとつまみ
コーヒーの種類によって味は微妙に異なり、中には麦茶とあわないこともありえます。 入れる量によっても味は変わりますので少量ずつ試して、お好みの量を見つけて下さい。


表示件数
並び順
商品数:3件
商品数:3件